目元のシミの正体は!?

目元のシミの正体は!? 注目 それぞれの特徴をチェック


表皮にできるシミには大きく分けて4つに分類できます。


・肝斑
・そばかす
・老人性色素斑
・炎症性色素沈着


目元のシミもいずれのどれかに分類できますが、ほとんどの場合、老人性色素斑もしくは炎症性色素沈着になると思います。 詳しい4つの種類のシミの解説は後述したので、それを参考にしてみてください。


老人性色素斑や炎症性の色素沈着を比べると老人性色素斑のほうがやっかいです。できるだけ早い段階でシミも小さく薄いうちに手を打つのが得策。 時間が経てば経つほど居座ってスキンケアでの対処が難しくなってしまうからです。


炎症性の色素沈着の場合は、老人性色素斑と違って肌構造や細胞が変性しているわけではないので、 ハイドロキノンなどメラニンを還元して淡色化する美白成分が非常に効果があります。放置していても時間が解決してくれることもありますが、 なかなか消えないケースも多いのでスキンケアで対処したほうが早くキレイな肌を取り戻せます。


目元のシミに使う美白美容液を特集♪ 詳細はこちら

あなたの目元のシミはどのタイプ!?

肝斑


女性ホルモンの急激な変動がある妊娠中などにできやすいタイプのシミ。輪郭がはっきりせず刷毛でサッと塗ったような広い範囲でモヤっとした色ムラがあらわれるのが特徴です。 こすったり、さわったりすることで悪化しやすく、またレーザー治療が効かないというのも特徴ということで、飲み薬やスキンケアで対処することになります。

そばかす


かなり色素が薄い色白肌の人にみられる目元から頬にかけてみられる細かい斑点。生まれ持った肌質による影響が大きいというのは白人にソバカスが多いことからも明らか。 紫外線による影響を受けやすいので夏は濃くなり、冬は薄くなるといった特徴があります。遺伝的要素が強いせいかあまり美白成分等の作用が効きません。

老人性色素斑


紫外線の影響を受けてできる最もポピュラーなシミです。頬の高い位置や鼻、こめかみなどにできやすいですが、目元にも当然できます。 過剰なメラニン生成とターンオーバーが遅れてメラニンを滞留してしまっているのが原因ですが、肌構造や細胞が変性してしまっているケースも多いです。

炎症性色素沈着


ニキビ、傷。虫刺されなどの炎症を起こした部分にメラニンが発生して沈着してしまったタイプのシミ。肌への摩擦によって起こるものなので アトピーの方の首回りの黒ずみなどもこれに当たります。目元は手や指で触る頻度が高いのでこのタイプのシミには十分注意する必要があります。


すでに目元のシミができてしまってから時間が数年単位で経過していて、表面を触るとザラザラしているとか、 盛り上がってホクロのようになっているという場合は脂漏性角化症といってハイドロキノンなどメラニンを還元して淡色化する美白成分を使っても効果はありません。


肝斑、老人性色素斑、炎症性色素沈着のいずれにもハイドロキノンは効果がありますが、一番効果を実感できるのはできはじめなど初期段階のときです。 そのため早期発見、早期対策が重要だということですね。


シミ対策は気づいたらすぐ! トライアルセットをチェック!
Copyright © 2014 目元のシミにおすすめの美白美容液特集~本気のシミ取りに必見!· All Rights Reserved·