目の下のクマが色素沈着というケースがある。

目の下のクマが色素沈着というケースがある。 注目 目の下のクマを要チェック!


なぜかいつも「疲れている?」と聞かれてしまう人に共通するのは目の下にクマができているってことです。目の下にできるクマには大きく分けて3つのタイプがあります。


・青ぐま
・黒ぐま
・茶ぐま


これら3つのクマはできる場所こそ同じですが、微妙に色合いが違うこと。そして何よりできる原因が違うということがいえます。 このうち美白コスメが効果があるのは、色素沈着タイプの茶ぐまになります。 詳しい3つの種類の目の下のクマの解説は後述したので、それを参考にしてみてください。


青ぐまというのは下まぶたの静脈が血流の悪さから青黒く透けて見えるためにできてしまうクマになります。運動不足や冷え症の人は要注意です。 黒ぐまというのは下まぶたのたるみで、3つのなかでは一番対処が難しいものです。


茶ぐまにかんしては紫外線から受けたダメージはもちろん、こすりすぎや触りすぎによる色素沈着、アレルギーによるかゆみ、 化粧品かぶれが原因になっていることもあります。沈着したメラニンについてはシミと同様、色素沈着にはハイドロキノンが有効です。


目の下の茶ぐまに使う美白美容液なら、、 詳細はこちら

あなたの目の下のクマの判別方法と対処法

青ぐま


コンシーラーで隠すことができ、指で下まぶたを引っ張ると色が薄くなれば青ぐまです。睡眠不足や目の疲れ、ストレス等で目の周りの血流が滞っていることが原因です。 一日中パソコン作業して体を動かすことなく、それでいて目を酷使する、睡眠不足という条件が重なる人は要注意です。マッサージやツボ押しもいいですが、ストレッチやウォーキングなど体を動かすことが大切です。

黒ぐま


コンシーラーで隠すことができず、上を向いたり指で下まぶたを引っ張ると色が薄くなれば黒ぐまです。下まぶたのコラーゲンが減って薄くなり、たるんで影やへこみができてしまっていることが原因です。 コラーゲンを増やすケアで対策するということもできますが、思ったような効果がでないことのほうが圧倒的に多いです。 美容医療ではヒアルロン注射をしたり、眼窩脂肪を除去する手術をして黒グマを緩和させるという方法がとられます。

茶ぐま


コンシーラーで隠すことができますが、指で引っ張ったり上を向いても薄くならないのが茶ぐまです。メラニンが沈着した色素沈着が原因です。 アイメイクを落とすために目の周りを擦ってしまうことが多かったり、花粉症やアトピー、結膜炎などで目元にかゆみがあって掻いてしまうということでも発生してしまいます。 美白成分を沈着してしまったメラニンに効かせることが非常に有効です。ピーリング等の角質ケアは赤みや乾燥の原因になるのであまりおすすめはしません。


しっかり寝ることで良くなるのが青ぐま、美白が有効なのが茶ぐま、肌老化によるたるみが原因なので美容整形外科にお世話になるしかないのが黒ぐまといった感じです。 それぞれにタイプ別にあわせたケアをしないと効果がないので、判別方法を実施して症状にあわせたケアをしてみてくださいね。


色素沈着ならハイドロキノンが有効! 美白美容液<Best3>はコチラ
Copyright © 2014 目元のシミにおすすめの美白美容液特集~本気のシミ取りに必見!· All Rights Reserved·